社長あいさつ

メディアのちからを幸せな社会づくりに

 株式会社きかんしは、2019年9月1日に、おかげさまで創立70周年を迎えることができました。ひとえにお得意様をはじめ皆様方の絶大なるご支援、ご協力の賜物と心より感謝と御礼を申し上げます。

 弊社は、終戦から4年後の1949年9月1日、戦後の平和憲法によって言論・出版・結社の自由が保障され、労働運動の前進や平和と民主主義を求める声が高まるなか「機関紙を発行する共同印刷所をつくろう」と全国から寄せられた貴い1口「3円カンパ」を基に資本金450万円で創立されました。

 現在では、幅広い多くのお客様に支えられ、新聞制作事業を柱に、出版物、各種印刷物の企画・デザイン、編集・制作、発送業務、DTP制作サポートをはじめWEBサイトやデジタルメディア、各種グッズの制作、SNS運用によるお客様の事業支援など、印刷の枠にとらわれない総合メディアセンターとしての事業を進めております。

 今、デジタル社会は一層進化し、社会のあり様も大きく変化しています。私たちは常にその動きを捉え「紙×デジタル×マーケティング」の視点でお客様の事業支援を考え、その中でメディアを展開していくことを重視しています。

 そのメディアのちからで社会進歩と幸せな社会づくりに貢献していくことが私どもの創立の理念でもあります。

 70周年を迎え、あらためて創立時の志を堅持しながら、デジタル時代にふさわしい対応で、お客様に信頼され、選ばれる総合メディアセンターになるべく、全社一丸となって一層の努力をしていく所存です。

 今後とも変わらぬ皆様の温かいご指導、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長
佐藤 操