社長あいさつ

 株式会社きかんしは、2019年9月1日に創立70周年を迎えます。
 70周年を迎えることが出来ますのも、ひとえに皆様のご愛顧の賜と心より感謝と御礼を申し上げます。
 
 弊社は、戦後4年目の1949年、日本国憲法制定によって言論・出版・結社の自由が保障され、労働運動の前進、平和と民主主義を求める声が高まる中、「機関紙を発行する共同印刷所をつくろう」と全国からの支援と多くの方々からの貴重な「3円カンパ」で設立されました。

 現在では、官公庁、業界専門紙、労働組合、各種団体など幅広い多くのお客様に支えられ、新聞製作事業を柱に、出版物、各種印刷物の企画、デザイン、編集、制作、発送業務など、様々な情報メディアの支援・サービスを行う一方、WEB関連事業やデジタルメディア製作にも注力しております。

 今、メディア環境は大きく変化し、紙媒体をデジタルメディアに置き換える状況が加速していますが、紙ならではの利便性とデジタルメディアの有益性を融合させ、AIやビッグデータの活用も視野に「紙+デジタル」による宣伝・広報活動を展開していくことが重要と考えております。

 創立70周年を迎えるにあたり、あらためて創立時の志を堅持しながら、情報メディア環境の変化にフレキシブルに対応し、常に「お客様満足」を心がけ、「課題解決のための企画提案型営業」に取り組み、お客様の事業と運動の発展にお役立ちできるよう、社員一同、より一層の努力をしていく所存です。

 今後とも皆さまの温かいご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 2018年5月 代表取締役社長 佐藤 操